Deathstar compared with Mimas

古代星間戦争で破壊された宇宙ステーション? 土星の衛星ミマス

Deathstar compared with Mimas

土星の衛星「ミマス」は人工物だった?!

土星探査機カッシーニが土星の衛星ミマスの表面温度を観測したところ、「パックマン」に似に形をした高温度地域があることが分かり、土星の小さい月「ミマス」が空洞であるのではないかという理論に発展している。

また、ミマスの赤道には継ぎ目のようなラインがあり、その長さ60マイル以上に及ぶ。
通常、自然では決して形成されない長さの直線(マジノライン)だ。

これらのことから

この土星の衛星「ミマス」は廃棄されたか、あるいは太陽系であった古代星間戦争の際に破壊された古い宇宙ステーションだったのではないかと、憶測を呼んでいる。

◆追加情報
火星の衛星フォボスも人工建造物の可能性があるらしい。また、火星には人間が呼吸できるほどの空気があるとか・・・。


以下、28億年前の宇宙船 (メモ・独り言・戯言 2011年09月05日)~記事より抜粋。

土星を旋回する老朽化した28億年前の宇宙船 (The Big Woble 30 March 2010)

カッシーニ宇宙船からの信じられない新しいイメージは、土星の小さい月「ミマス」が空洞であるという理論に更なる陰謀を投げかけています!

探索機が物体の表面全体に渡って温度の相違を測ったところ、1980年代のゲームのパックマンとまったく同じように見える投影を生みました。

Mimas - Packman

このごく小さい月は、捨てられたか、あるいは我々の太陽系の古代の戦争の間に破壊された古い宇宙ステーションであると思われます。

ミマスに関する他の驚くほどの偶然の一致がたくさんあります、多くがジョージ・ルーカスが小さい月を彼の「デス・スター」のモデルにしたと信じられます、そして不思議にも、ごく小さい月の複製であると思われる同じく小さい彫刻が地球上で発見されました、しかし、 いいですか、彫刻は出来て28億年であると考えられます !

そして、月には赤道のリングがあって、共に高さ5マイルがピークの2つの半球を結合させ、非常に滑らかであるので、それは、組み立てられたと考えられます!

Maginot Line

ミマスの赤道の継ぎ目。自然は通常60マイル以上もの直線(マジノライン)を作りません。


以下、「スターウォーズは実話だった!」 地震兵器のインスピレーション(ヘラトリトピックス 2011年04月20日)~記事より抜粋。

第一作の冒頭で、「デス・スター」という暗黒卿のつくった人工の戦闘星が、「星をまるごとビーム光線で破壊してしまう」シーンが出てきます。
さきほどの『レムリアの真実』の中で、マヌ霊が言っておりましたが、
「当時、ラムディアの人に供与された”地震兵器”は、地球をまるごと破壊してしまう位の威力があった」
とあります。

以前この場でお話しましたが、エジソンと同時代の人に、テスラという天才科学者がいて、最後は、電線を使わずに、「空中を無線のようにして、電気を送る方法」や、「土(地球)を媒体にして、電気を送電する方法」を研究していました。
そのテスラは、
「この考え方によれば、理論上は、この方法によって、地球を真っ二つに割ることも可能である」
と、生前言っていました。
これらを併せ考えると、「デス・スター」の惑星兵器のインスピレーションがどこから来たのか、何となくわかる気がします。

いずれにせよ、琴座星域でなんらかの戦争があったことは、ほぼ間違いありません。
そして、その戦争の様子は、数ある状況証拠からみて、かなり「スターウォーズ」的様相を呈していたことは確かです。
そして、「琴座星域(ベガなど)が、プレアデスの直前の先祖であった」ということは、「そこで起きたことは、地球の直系の先祖の歴史でもある」ということを意味します。
これは、非常に多くの「教訓」を含んでいることを意味します。
と同時に、地球系霊団創設の「目的」と「方向性」にかかわってくるテーマでもあることが、推定されます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>