Magic Fields WordPress Plugin

カスタムフィールドを使いやすくしてくれる入力支援プラグイン「Magic Fields 2」

カスタムフィールド入力支援プラグイン「Magic Fields 2」を試してみたので、その導入方法をメモしておく。

Magic Fields 2 では、以下の15種類のカスタムフィールドが用意されており、それらから選択し使用することができる。

  • audio
  • checkbox
  • checkbox list
  • color picker
  • date picker
  • dropdown
  • file
  • image
  • image media
  • markdown editor
  • multi line
  • radiobutton list
  • related type
  • slider
  • textbox

また、カスタム投稿対応の Magic Fields 2 では、カスタム投稿、カスタム分類を作成することもでき、フィールドやグループの複製も可能となっている。

ダウンロードはコチラから↓
Magic Fields WordPress Plugin

導入方法は、

1.プラグインをダウンロードし、ファイルを解凍しておく。

2.次にプラグインを日本語化するために、配布されている Magic Fields2 日本語化ファイルをダウンロード。
ファイルを解凍して、「Magic Fields2」 フォルダの中にある、「lang」フォルダに入れる。

3.文字化けを解消するために、「mf_common.php(38行目)」を下記のように修正する。

[PHP]$description = htmlentities($data[‘description’], ENT_QUOTES, mb_internal_encoding());[/PHP]

4.Pluginフォルダに 「Magic Fields 2」 フォルダごとアップロードする。

5.管理画面 > プラグインで、プラグインを有効化。

6.設定 > 「Magic Fields」 下図画面で基本設定を行う。

Magic Fields 2 基本設定

7.管理画面の左メニュー下部にある「Magic Fields」をクリック。

Magic Fields (管理画面左メニュー)

 

 

8.下図画面で、カスタムフィールドを作成したい投稿タイプの下部にある「Edit Fields」をクリック。

Magic Fields 2 管理画面

9.カスタムフィールド作成画面で、「新規フィールド」もしくは「here」をクリックする。

Magic Fields 2 カスタムフィールド作成画面

10.下図画面の「カスタムフィールドの種類」から作成したいカスタムフィールドを選択。

Magic Fields 2 新規カスタムフィールド

▼ file(画像)を選択すると、下図画面に切り替わる。

Magic Fields 2 file(画像)

▼ detepicker

Magic Fields 2 datepicker

▼ textbox

Magic Fields 2 textbox

11.必要事項を記入、設定をし、最後に「Save Custom Field」をクリックする。

 

「Magic Fields 2」の使用方法の詳細は下記サイトを参考に↓

 

「カスタムフィールドを使いやすくしてくれる入力支援プラグイン「Magic Fields 2」」への3件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>